ブログネタ
こんな現象大丈夫? に参加中!
郁恵です。
今日はパリの大変だったお話しをしたいと思います。
私は某アパレルに勤めているのですが、年に2回、リサーチ目的でパリに出張に出掛けるんですね。
行く時期は10月と3月、パリコレのシーズンで展示会も目白押しです。
10月は気候も穏やかでいいのですが、問題は寒さが厳しい3月。
3月のフランスの街は超寒い!!・・・・・んです。
それなのに、建物の中はオイルヒーターのおかげでぬくぬく・・・・逆に暑いぐらいなんですね。
フランス人は肌が寒さに強いのか?・・・・・インナーは半袖のセーターだったりします。
そして特に寒さを感じるのが、蚤の市で有名な「クリニャンクール」・・・・・・ここでサンプルを買うために歩き回るんです。
パリよりも北に位置していて、パリからはメトロ(地下鉄)で30分ぐらい。
駅から出ると、明らかにパリとの温度差を感じるほどです。
ちょうど4年前に初めて行ったのですが、その時は東京都同じ服装で大丈夫だと思い、そこまでの防寒はしていませんでした。
ところが・・・・・身にしみる寒さ・・・・・・東京で生活してる私にとってこんな寒さは、初めて感じる寒さでした。
骨の芯まで冷えてくるのです。
2時間もすれば寒さに耐えきれず、体を温めるためにカフェに入ることにしました。
いつもだったら優雅にカフェクレーム(カフェオレ)・・・・・といくとこなのですが、オーダーしたのはショコラ(ココア)。
ショコラのほうがなんだか体が温まるような気がして・・・・・・・
とにかく体を温めたい・・・・・・そんな一心でしたよ!!
一口飲んだ瞬間、『あ~温かい!!』・・・・・安堵の溜息・・・・・なんだかホッとしましたよ。
でも、それはつかの間の休息。
外に出たら、また骨までこたえる寒さ。
これが二日連続で続いたのです。
そして無事に仕事を終え・・・・・・だけど、飛行機の中で体調悪し!!・・・・でそのまま帰国。
案の定、日本に戻ったら即、風邪をひいてしまいました。
ところがこの風邪、なかなか治らなかったのです!
もちろん病院に行ってきちんと薬をもらい治療に専念したのに、治るのに3週間もかかってしまいました。
いつもの風邪だったら1週間で治るのに・・・・・
でも、ホントに大変だったのは翌年。
この年はチャンと防寒をしていったのに、帰国した途端に、またまた高熱の風邪。
・・・・続きはこちらを!!
私が効果を実感したセサミンの経験談
http://www.xn--vckl3i8c447swg0a.biz/
私が健康を取り戻したセサミンの経験談をお話をしたいと思います。
今でこそ、このセサミンのおかげでこんなに元気になりましたが、数年前の私の体はボロボロ状態でした。
続ける気があるなら絶対コチラにした方がお得だと思います!!